病気と共済

三大疾病とは、「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」の病気のことです。この3つの病気は、日本人の死因全体の半数を占める怖い病気です。また、三大疾病を発症すると他の病気に比べて入院・治療が長期化しやすく医療費が数百万円という高額になる問題もあり ...

病気と共済

日本人の死因の1位は1981年以降ずっと「がん」です。かつては「がん」というと真っ先に胃が ...

病気と共済

検診や人間ドックで大腸ポリープが見つかると驚く人が多くいます。それは、大腸ポリープが初期の ...

ポコタンと勉強

※『まんが共済物語』参照   男性の入院する確率 年齢 確率 59歳以下 5.6 ...

年齢ごとの共済

『がん保険』というフレーズ、テレビを見てもCMなどでよく耳にしますよね。   2 ...

年齢ごとの共済

40代になってくると、がんのリスクが男女ともに上がりはじめる時期だと思います。 もしもがん ...

病気と共済

昔は、がんにかかったら死んでしまうと誰もが思う病気でした。   近年の医療技術の ...

病気と共済

がんになっても保険に入れるって本当!?   そう思った方も多いのではないでしょう ...