大腸ポリープ、白内障、帝王切開、肺がんなどでどれだけ支払われたか過去事例を紹介

2018年6月22日

手術をしたときに支払われる共済金

お兄さん
突然ですが、今日は実際にあった支払事例を大紹介したいと思いま~す
ポコタン
突然すぎるポコ
お兄さん
と、いうことで全国共済を例に、次の4つの病気になったときにどれだけの共済金がもらえるか調べてきました

・大腸ポリープの切除
・白内障手術
・帝王切開
・肺がんの手術、放射線治療

大腸ポリープの切除

お兄さん
がんのもとになることもある大腸ポリープは、日帰りの外来手術で簡単に切除することもできるそうです

 

実例:検診でポリープが見つかり、その場で切除した。
(総合保障2型+医療1型特約加入の場合)

・日帰り外来手術
・大腸ポリープ切除術(診療報酬点数15,000点以上)

手術共済金10万円 → 10万円の給付

ポコタン
ちなみに、費用は大きさや数にもよるポコけど、手術自体は5万円程度以内ですむことが多いポコ
お兄さん
ってことは共済金10万円から差し引けば5万円程余る可能性があるんだね!

 

※余った共済金は返金する必要はございません。
参照:日本の健康保険制度と高額療養費制度と共済と

白内障手術

お兄さん
白内障治療で行われる水晶体再建術は、先進医療の一つでもあります
ポコタン
先進医療の中では、トップクラスで症例の多い手術ポコね

 

実例:白内障による視力低下。医師に手術を勧められる
(総合保障2型+医療1型特約加入の場合)

・両目を水晶体再建術で治療
・3日間の入院中の手術した

入院共済金 入院3日×4,500円=13,500円
入院一時金 →2万円
手術共済金 →20万円 合計23万3,500円

お兄さん
ちなみに、平均費用は53万5,000円かかるそうですが、保険適用の手術でもありますので、3割負担の16万円程で済むそうです
ポコタン
共済金約24万円から手術費用の16万円を引けば、7万円は手元に残る結果になるポコね

帝王切開

ポコタン
帝王切開は、入院を必ず伴う手術ポコ

 

実例:出産に際し、帝王切開での分娩を勧められる
(総合保障2型+医療1型特約加入の場合)

・10日間の入院
・帝王切開術
(診療報酬点数15,000点以上)

入院共済金 4,500円×10日間
入院一時金 →2万円
手術共済金 →20万円 合計26万5,000円

ポコタン
帝王切開は健康保険の適用内の手術で、自然分娩と比べて医療費が高額になるため、高額療養費制度も使えるポコ
お兄さん
つまり、お住いの地域からもらえる出産手当金のみで、出産費用が賄えるだけでなく、それ以上にお金が戻ってくるってことだね
ポコタン
さらに、全国共済に加入していた場合は共済金として26万5,000円を受け取ることができるポコ

肺がんの手術、放射線治療

ポコタン
喫煙者は特にかかるリスクが高まる病気だと言われているポコ

 

実例:29日間入院と手術、放射線治療

入院共済金 4,500円×29日間
入院一時金 →2万円
在宅療養  →4万円
手術共済金 →20万円+5万円
(放射線総点照量が50グレイあるため)

合計 44万500円

ポコタン
ちなみに肺がんは、3割自己負担だと約20万円程度かかるそうポコ
お兄さん
つまり、医療費から20万引いた25万円程度が、余る可能性があるんだね

まとめ

お兄さん
と、いうことで4つの支払事例を見てきたけど、全国共済って月掛金が安い割には、保障がしっかりしてるんだね
ポコタン
利用者からは、保障がしっかりしてるのはもちろん、こんなコメントも来ているポコよ

 

・支払い請求して最短で翌日に、口座にお金が振り込まれていた

・とにかく迅速な対応力がすごい

・暖かい言葉や誠意のある対応に、励まされた

 

お兄さん
さすが設けるための会社ではなく、支え合う団体なだけあって、ここらへんもしっかりしてるんだね

 

全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。