きちんと確認していますか?「ねんきん定期便」

厚生労働省は、年金加入者全員へ毎年誕生月に保険料の納付実績や将来の年金給付に関する情報を、日本年金機構から「ねんきん定期便」として2009年4月から送付しています。老後の重要な収入源となる年金に関する情報のため、受け取ったら間違いがないかをきちんと確認しておく必要があります。「ねんきん定期便」の概要、送付されてくる理由、および「ねんきん定期便」に記載されている情報の見方について紹介します。

第一章 「ねんきん定期便」とは?

「ねんきん定期便」とは、年金加入者個別の年金に関する情報を誕生月に送付する、封書または、はがきのことです。記載されている情報の内容や形式は年齢によって以下の表のように異なります。

送付時期
(誕生月)

年齢区分

形式

記載情報の期間と主な内容

354559歳を除く毎年

50歳未満

はがき

直近1年間の情報

これまでの加入実績に応じた年金額

50歳以上

年金見込額
354559歳の節目の年

59

封書

全期間年金記録の
情報

年金見込額

35
45

これまでの加入実績に応じた年金額

「ねんきん定期便」には以下の情報が記載されています。

  • 年金加入期間
  • 年金見込額
  • 保険料の納付額
  • 年金加入履歴
  • 国民年金加入期間の月ごとの保険料納付状況
  • 厚生年金加入期間の月ごとの標準報酬月額、賞与額、保険料納付額

第二章 「ねんきん定期便」はなぜ送られてくるのか?

「ねんきん定期便」が送られてくる理由は主に以下の4つです。

1.年金がもらえるかを確認するため

年金をもらうには一定の期間加入していることが必要です。そこで、ねんきん定期便には、これまでの保険料の支払期間(加入期間)が記載されています。年金の種類によって、年金がもらえる加入期間の要件は異なるので「ねんきん定期便」で加入期間を確認することは重要です。

2.年金をいくらもらえるかを知り、老後の生活設計を立てやすくするため

年金の金額がいくらになるかを知ることは老後の生活設計に極めて重要です。年金だけでは老後の生活が厳しいと言われる時代ではいくらもらえていくら不足するかを知って、早くからその対策を立てることが必要です。「ねんきん定期便」にはもらえる年金の見込額が記載されています。

3.老後にもらえる年金以外の情報を提供するため

年金は65歳になってからもらえるものであるというイメージがありますが、年金をもらうのは年金支給開始年齢になった老後からだけではありません。病気やケガで障害状態になると障害年金、あるいは死亡すると遺族年金が一定の条件を満たすことで年金支給開始年齢に達しなくても支給されます。その金額がいくらになるかを知っておくと生活設計に役に立ちます。「ねんきん定期便」には、例えば老齢厚生年金の額が記載されています。その金額は障害状態になったときに支給される障害厚生年金と同程度の金額になることから、およその金額を知ることが可能です。

4.年金の加入期間などの間違いがないかを確認するため

年金支給に関する事務手続きでは、「届け出の段階での記載ミス」「確認・決定の誤り」「未処理・処理遅延」「データ入力ミス」などの間違いが起きています。「ねんきん定期便」で加入状況が間違っていないかを確認しないと将来にもらえる年金の金額が少なくなる可能性があります。

第三章 「ねんきん定期便」の見方について

ねんきん定期便で確認すべき項目について紹介します。より詳しくは、厚生労働省の「ねんきん定期便」や一般社団法人 公的保険アドバイザー協会の「ねんきん定期便の見方」のページを参照してください。

1.保険料の累計納付額

将来の年金支給額に影響する保険料の累計納付額を確認します。「ねんきん定期便」に「これまでの保険料納付額(累計額)」という項目があり、そこに記載されています。

2.累計の加入期間

ねんきん定期便の加入記録が「これまでの年金加入期間」という項目には国民年金・厚生年金保険・船員保険とわかれて記載されています。なお、加入期間には保険料が免除された期間も含まれています。この項目のなかに「受給資格期間」という欄があり、ここに記載されている数字が120カ月以上ないと老齢年金は受け取れません。途中、働いていない期間に国民年金の保険料を支払っていなかったような場合はチェックが必要です。なお、ほかに「年金加入期間 合計(未納月数を除く)」「合算対象期間等」という項目欄があります。それぞれの意味は以下のとおりです。

(1)「年金加入期間 合計(未納月数を除く)」

国民年金、厚生年金、船員保険の加入合計月数です。

(2)「合算対象期間等」

年金の支給額には反映されませんが、受給資格期間には反映される期間のことです。国民年金に任意加入している期間のうち、保険料を納めていない期間の月数(任意加入未納月数)や、国民年金の切替の届出(3号から1号)が遅れたことにより時効によって保険料を納められなくなった期間のうち、「特定期間該当届」を提出した期間の月数が合算対象期間として表示されています。

120カ月以上ないといけない「受給資格期間」とは「年金加入期間合計(未納月数を除く)」と「合算対象期間等」の合計月数です。

3.もらえる年金の見込額

将来、もらえる可能性のある年金見込額は、50歳未満が受け取る「ねんきん定期便」には「これまでの加入実績に応じた年金額」の項目に記載されています。ただし、現時点での加入実績に応じた年金の見込額しか記載されていません。この金額は60歳まで保険料を支払ってもらえる年金の見込額ではありません。ここに記載されている金額は、50歳をこえるまでは保険料を支払い続けることで増えていきます。50歳未満の場合に老後にもらえる年金額を知りたいときは、以下の計算式で得られた金額を「ねんきん定期便」の金額に加算します。ざっくりとした金額ですが、老後にもらえる見込額を計算できます。

国民年金加入者の場合:2万円×これからの年金加入年数
厚生年金加入者の場合:年収×0.55%×これからの年金加入年数
(厚生年金加入者は国民年金加入者の場合の見込額との合計)

一方、50歳を過ぎて届く「ねんきん定期便」には、加入する年金の種類や収入が60歳まで現在と同じ内容で続いたと仮定したときの見込額が「老齢年金の種類と見込額(年額)」という項目の最下部・右端の欄に記載されています。ここに記載されている金額は、現在の加入条件のまま60歳まで継続して加入したものと仮定して計算された年間でもらえる年金の見込み額です。今後、年金の種類や収入が大きく変動しないかぎり、記載された金額に近い年金がもらえます。

この項目に記載されている「特別支給の老齢厚生年金」とは、原則65歳からしかもらえない年金を60歳からもらえる特別な制度のことです。この制度は、法律改正により受給開始年齢が引き上げられましたが、この受給開始年齢を段階的にスムーズに引き上げるために設けられました。一定の要件を満たすと、この欄に記載された金額が60歳からもらえます。

4.最近の加入状況の確認

「ねんきん定期便」には、直近1年間の納付状況などが確認できる「最近の月別状況」という項目があります。厚生年金加入者は収入の変化が大きくあったときは必ず確認しましょう。保険料は、「標準報酬月額」と「標準賞与額」に従って、毎月の給与やボーナスから控除されます。なお、厚生年金の「標準報酬月額」は65万円、「標準賞与額」は150万円が、現時点での上限となっています。そのため、それ以上の金額では収入に大きな変化があっても保険料は変動しません。また、国民年金加入者は未納があると将来の年金支給額に大きな影響があります。「未納」と記載されていないかしっかり確認しましょう

第四章 まとめ

「人生100年時代」を迎え、老後も続く長い人生を安心・安全に過ごすためのリスクが高まっています。老後の生活資金に加えて健康な体も必要です。老後資金は若いときから年金に加えて預貯金や投資でしっかり計画的に蓄えることが必要です。また、健康な体はいくら健康によい生活を心がけていても、病気やケガを完全に避けることは不可能です。そのため万が一に備えて病気やケガなどへの備えとして家計に負担の小さい全国共済への加入をおすすめします。


全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?
こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。