『養老保険』ってどんな保険?メリットとデメリットは?

生命保険は万が一に備えて加入しますが、その目的は大きく分けると3つあります。

  1. 家計を支える夫などが死亡したとき、残された家族の生活を支える目的
  2. 病気やけがによる医療費の負担を軽減する目的
  3. 万が一のリスクに備えつつ、資産形成も兼ねる目的

現状は、1や2の目的で生命保険に加入する人の割合が大半を占めます。しかし、高齢化の進行で「人生100年時代」を迎え、老後の生活資金が公的年金では十分ではないことから長生きするリスクにどう備えるかが大きな問題になって、健康の維持とともに老後の生活資金をどう蓄えていくかが大きな課題になってきています。

そこで、万が一に備えつつ、無事に老後を迎えられれば、老後の生活資金の一部にできる養老保険について、どのような保障のある保険なのか、保障内容が似ている終身保険との違い、および養老保険のメリット・デメリットについて紹介します。

第一章 『養老保険』ってどんな保険?

養老保険とは、保険契約期間中の死亡リスクに備えつつ、貯蓄としても活用できる生命保険のことです。具体的には、保険期間中に万が一死亡すると、契約した死亡保険金が支払われ、無事に満期を迎えられると死亡保険金と同額の満期保険金を受け取れます。万が一の死亡保障だけでなく、満期時には自分の生活資金として備えたいという目的に適している生命保険です。なお、ライフステージやライフスタイルが変わって養老保険が不要になり、一定期間経過後に解約すると解約返戻金を受け取れます。

第二章 養老保険と終身保険の違いは?

終身保険とは、保険契約者が死亡したときに保険金が支払われ、その保障が生涯にわたって続く生命保険のことです。そのため、死亡した後、遺族にまとまった資金を残す必要がある場合に利用されます。保障が死亡時まで続くので満期保険金はありません。しかし、保険料は掛け捨てではなく、途中で解約した場合には、原則として解約返戻金が戻ってくるため貯蓄型の保険の1つとされています。

この解約返戻金には長期的な貯蓄としての機能があります。保険料の払込期間中に解約すると解約返戻金は少なく、払込期間を終了すると払い込んだ保険料以上の解約返戻金を受け取れる「低解約返戻金型」の終身保険があり、この保険では解約返戻金を満期保険金の代わりに、老後資金、子ども教育資金、あるいは住宅購入資金として活用できます。

そこで、養老保険と終身保険について保険期間、解約返戻金(満期保険金)、保険料、利用目的の違いについて紹介します。

1.保険期間の違い

養老保険には保険期間があり、終身保険には保険期間がありません。養老保険の保険期間は、10年間、20年間など一定の期間、あるいは50歳、60歳までなど一定の年齢までが保険期間となって、その期間が終了すると保障が終了します。一方、終身保険の保険期間は一生涯で、死亡するまで保障が続きます。ただし、終身保険の保険料の払い込みには期間があり、払込期間が終了しても保障は死亡するまで継続します。

2.解約返戻金(満期保険金)の違い

養老保険は保障期間が決まっているため、満期になると死亡保険金と同額の満期保険金を受け取れます。一方、終身保険は満期がないため、満期保険金はありませんが、あらかじめ、50歳や60歳を満期と考えて、その時点で解約することで解約返戻金を満期保険金の代わりに受け取れます。養老保険の満期保険料は、支払った保険料の総額よりも多くなるように考えられていますが、異常な低金利が長く続いている現在は、満期保険金額よりも支払う保険料の総額が高くなって元本割れが起きることもあるため、貯蓄目的を重視して養老保険に加入する場合は注意が必要です。

3.保険料

基本的に養老保険は、保険期間の終了時に解約返戻金としてではなく満期保険金が支払われること、および途中解約時の解約返戻金が一般的に終身保険よりも多いことから保険料は高く設定されています。

4.利用目的

養老保険と終身保険の主な利用目的は明確に分けられませんが、養老保険は、「第一に貯蓄することを重視し、同時に万が一のときの死亡リスクに備える」こともしておきたい場合に向いています。一方、終身保険は、「まず万が一のときの死亡保障を重視し、同時に貯蓄にもなればよい」と考える場合に向いています。なお、保険商品や契約内容によって、養老保険と終身保険の上記の利用目的にあてはまらないこともあるため、契約時に十分な検討を行うようにしてください。

第三章 養老保険のメリット・デメリットは?

1.メリット

1-1 満期保険金を受け取れる

保険料は高くなりますが、定期保険のように掛け捨てではないために満期を迎えられると支払った保険料が無駄にならず、死亡時のリスクに備えながら貯蓄ができます。また、終身保険では解約返戻金を満期保険金として受け取れますが、一般的には満期保険金のほうが解約返戻金よりも受け取れる金額は大きくなります。

1-2 解約返戻金を有利に受け取れる期間が長い

最初から、途中解約することを前提にして生命保険に加入することは、あまりないと思いますが、ライフステージやライフスタイル、あるいは特別な事情によって、加入している生命保険の契約内容や保険会社をどうしても変更しなければならなくなったり、加入そのものを止めなければならなくなったりする可能性があります。

その場合、支払った保険料ができるだけ無駄にならないためには解約返戻金が多いことが重要です。定期保険は、基本的に解約返戻金はなく、終身保険には解約返戻金がありますが、一般的な終身保険では保険料の払い込みが終了するまでの期間は、解約返戻金が低く抑えられています。保険料の払い込みが終了する期間は長いため、終了前に途中解約すると、それまでに支払った保険料よりも解約返戻金はかなり少なくなります。解約しなければならなくなることを事前に予測するのは困難であることから、終身保険では支払った保険料の多くが無駄になる可能性が高くなります。しかし、養老保険は終身保険と比較すると、支払った保険料に対する解約返戻金が多いため、解約時の保険料の無駄を抑えられます。

1-3 満期日を自由に設定できる

養老保険は、10年後、20年後、30年後、あるいは50歳、60歳など、個々のライフプランに応じて保険期間、死亡保険金(満期保険額)をある程度自由に設定できます。そのため、子どもの大学入学、住宅の購入、老後資金などを目的として明確なプランのもと生活設計ができ、漠然と生命保険に加入することを防止できます。

2.デメリット

2-1 保険料が高い

養老保険は満期保険金が受け取れ、また解約返戻金も終身保険と比べて多いため、貯蓄性が高いというメリットがある反面、定期保険や終身保険と比べて毎月の保険料が高くなっています。生命保険に万が一のときに大きな保障を望む場合は適していません。

2-2 低金利下の現在では運用利回りの予定利率が高くない

養老保険に限りませんが、貯蓄性のある保険では支払われた保険会社は保険料を運用して、解約返戻金や満期保険金に上乗せできるようにしています。しかし、低金利の現在では金利が低いため、高い運用利回り(予定利率)が期待できません。養老保険に対しては貯蓄を大きな目的として加入するため、運用利回りが期待できないことは支払った保険料に対して満期保険金が少なくなるために大きなデメリットです。

2-3 満期後に保障の更新ができない

養老保険では、原則として保障は満期が来ると終了し、更新ができません。満期後にも保障が必要な場合、他の保険に加入しなければならなくなり、そのときの年齢や健康状態によっては、新規に保険に加入できずに保障を受けられなくなるリスクがあります。一生涯の保障がどうしても必要なときに対して養老保険は適していません。

第四章 まとめ

養老保険は、定期保険や終身保険に比べて、「満期時に死亡保険金と同額の満期保険金を受け取れる」「解約する場合の解約返戻金の条件がよい」などのメリットがあり、目的にあった利用をすると死亡リスクに対する備えと貯蓄の両方に対応できます。しかし、毎月の保険料が高額であるといった大きなデメリットもあります。特に、低金利の現在では多額の死亡保障に対して養老保険を利用するのには向いていません。

そのため、死亡保障は掛け捨ての定期保険タイプにして、将来発生する費用に対して必要最小限の貯蓄を兼ねて養老保険に加入するなど、保障と保険料のバランスを考えた検討をするようにしてください。掛け捨ての生命保険では、少額の掛け金で加入できる「全国共済」がおすすめです。


全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?
こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。