結婚したら加入しておきたい保険や共済 おすすめのプラン

結婚を機に保険や共済へ新規に加入したり、今まで加入していた保険や共済を見直したりする人が多くいます。結婚のタイミングでの保険や共済への加入・見直しの必要性、結婚後の三大リスクとは何か、およびおすすめの共済について紹介します。

第一章 結婚を機に保険や共済に加入・見直しの必要性

1.保険・共済への加入・見直しが必要なのは人生に生じるライフイベントが原因

「結婚」「出産」「住宅購入」「子どもの教育」「離職に伴う老後生活」など人生にはさまざまなイベントが生じます。これらのイベントが発生すると、ライフステージやライフスタイルが大きく変化し、それに伴って大きな責任・義務とともにリスク(多額の費用)が生じます。そのためライフプランの見直しをしないと安心・安全な生活が脅かされます。最悪の場合は人生が破綻する可能性があります。出産や住宅購入、および子どもの教育は主に結婚で生じるため、結婚は人生における最大のイベントともいえます。

結婚によって独身時代とは異なり、果たさなければならない責任と義務が大きくなります。独身であれば、自分1人に対する責任と義務、およびそれに伴って発生する費用などのリスクを負えばよいだけですが、結婚すれば大きく変わります。配偶者の生活費、生まれてくる子どもが自立するまでの養育・教育費、老後費用、そしてこれらに家族のための住宅購入などが加わると、万が一のときに発生するリスク(費用)は、独身時代とは比べ物にならないくらい大きくなります。これらの費用を賄うには、少ない保険料・掛金で大きな金額の保障が受けられる保険・共済への加入は避けられません。

2.保険・共済への加入と見直し(ライフプラン)の考え方

保険・共済への加入と見直し(ライフプラン)の考え方について紹介します。

2-1 ライフイベントの可視化

結婚を機に生じるこれからのライフイベントを可能な限り可視化します。例えば、出産の時期、子どもの人数、住宅購入の必要性・時期、車などの高額な資産の購入・時期、転職や開業の計画はあるか、あればその時期、また、人生をどのように楽しむかなどのライフスタイルをを考えます。切り口として仕事・住居・子ども・ライフスタイル(暮らし方、趣味など)、親の介護の必要性・時期、自分たちの老後の生活、およびそれぞれの大まかな費用(リスクの大きさ)などがあります。

2-2 ライフイベントに備えるための貯蓄プランの作成

ライフイベントの計画とそれぞれに必要な費用(リスク)ができたら、そのための貯蓄プラン「運用目的」「運用期間」「目標金額」 を考慮して作成します。

2-3 病気や事故に備えるために保険・共済への加入と見直し

病気や事故によって収入の減少や医療費の負担増で家計が苦しくなる可能性があります。また、最悪のケースとして死亡すると配偶者や子どもの生活が成り立たなくなることも考えられます。貯蓄プランで作成した計画に合わせて、貯蓄が少ない時期には保障の大きい保険・共済に加入するなど、保険・共済への新規加入、または保障内容の見直しをします。

第二章 結婚後の三大リスクに備える

人生の三大リスクは「死亡リスク」「病気やケガのリスク」「老後の生活リスク」ですが、結婚によってそのリスク が大きくなります。それぞれのリスクについてどう備えるべきか紹介します。

1.死亡リスク

最近は、専業主婦が減っていますが、その場合でも一般的に収入の多い男性が死亡すると配偶者の生活は一変し、特に子どもがまだ幼いと生活は非常に厳しくなります。もし、専業主婦であれば男性が死亡すると、一家の収入が突然ゼロになるため、生活はさらに厳しくなります。公的なセーフティネットもありますが、それは最低限の生活が保障されるだけであって決して十分とは言えません。そのため、配偶者、子どもの生活を死亡後も万全にするには死亡時の保障が大きい保険・共済への加入または見直しが必要です。

2.病気やケガのリスク

病気やケガは、どんなに健康であっても、突然重い病気を発症し、または事故で大きなケガを負う可能性があります。病気のなかには重い後遺症が出ることや、事故で身体に障害が生じて通常の生活ができなくなることが考えられます。その場合、元の仕事に復帰できないと収入が大きく減少するリスクが高くなります。また、そのような事態を避けられても長期の入院や通院で多額の医療費が家計を圧迫するかもしれません。健康保険が適用される高額な医療費に関しては、公的な補助を受けられ医療費を軽減できます。しかし、治療が長引けば健康保険が適用されない費用も多くなり、家計への負担が大きくなります。病気やケガは予測できないため、備えはどうしても必要です。

3.老後の生活リスク

現在の公的年金制度では老後の生活費として不十分と言われています。今後、高齢化の進展とともに公的年金の受取額は減る可能性が高く、老後の生活リスクは大きくなることはあっても小さくなることはないと思われます。一方、平均寿命は年々延びて「人生100年時代」が近づいています。仮に65歳で仕事を辞めると、辞めてから35年間もの生活費が必要です。いままでは長生きは幸せなことでした。しかし、今後は老後の生活を安心して暮らせるように準備しておかないと、長生きは幸せではなく苦しみを増大させるリスクに変わるかもしれません。

死亡リスクや病気・ケガのリスクは、保険や共済に加入することで、少ない保険料・掛金で大きな保障を得られてリスクを十分にカバーできます。しかし、老後の生活リスクは老後に必要な資金を原則として自分で積み立てていくことが必要です。できるだけ早い時期から積み立てを開始するのが理想ですが、遅くても結婚後には公的年金だけに依存しなくてもよいように老後のための貯蓄を始めることは必須です。

第三章 おすすめの共済は?

1.共済がおすすめの理由・メリット

民間保険会社と異なり、共済は利益を目的としていないので掛金が少なくて済みます。また、剰余金が発生すると民間保険会社では主に内部留保されますが、共済では加入者に割戻金として戻されます。年度や加入するコースによって割戻率は変動しますが、例えば「総合保障型」2020年度の割戻率の実績は約36%でした。掛金が少なく、割戻金もあるのでそれらを活用することで老後資金をより多く蓄えられます。

2.おすすめの生命共済

全国共済には、死亡、病気・ケガのリスクに対して、保障が受けられる「生命共済」に以下の各コースがあります。いずれのコースも保障に対して家計に負担の少ない掛金で加入できるのですべてのコースがおすすめです。

2-1 生命共済基本コース(保障内容別・年齢別のコース名と月額掛金)

特徴 月掛金 加入年齢 コース名 主な保障
 

 

 

入院と死亡をバランスよく保障

1,000円 満18歳
~満64歳
総合保障1型 病気入院2,250円/日
事故入院2,500円/日
事故通院750円/日
病気死亡・重度障害200万円
2,000円 総合保障2型 病気入院4,500円/日
事故入院5.000円/日
事故通院1,500円/日
病気死亡・重度障害400万円
4,000円 総合保障4型 病気入院9,000円/日
事故入院1万円/日
事故通院3,000円/日
病気死亡・重度障害800万円
2,000円 満65歳
~満69歳
熟年2型 病気・事故入院2,500円/日
病気死亡100万円
4,000円 熟年4型 病気・事故入院5,000円/日
病気死亡200万円
入院時の手厚い保障を重視 2.000円 満18歳
~満64歳
入院保障2型 病気・事故入院1万円/日
手術最大10万円
先進医療最大150万円
2,000円 満65歳
~満69歳
熟年入院2型 病気・事故入院5,000/日
手術最大4万円
先進医療最大75万円
 

 

入院と死亡の両方を手厚く保障

3,000円 満18歳
~満64歳
総合保障1型
+入院保障2型
病気入院1万2,250円/日
事故入院1万2,500円
病気死亡・重度障害210万円
4,000円 総合保障2型
+入院保障2型
病気入院1万4,500円/日
事故入院1万5,000円
病気死亡・重度障害410万円
4,000円 満65歳
~満69歳
熟年2型
+熟年入院2型
病気・事故入院7,500円/日
病気死亡・重度障害105万円
子どもの病気とケガを保障 1,000円 0歳
~満17歳
こども1型 病気・事故入院5,000円/日
事故通院2,000円/日
2,000円 こども2型 病気・事故入院1万円/日
事故通院4,000円/日

(注)
その他各コースの詳しい情報は、以下のページを参照してください。
総合保障型(1、2、4型)」「入院保障型(2型)」「総合保障型+入院保障型(1+2、2+2型)」「熟年型(2、4型)」「熟年入院型(2型)」「熟年型+熟年入院型(2+2型)」「こども型(1、2型)

2-2 生命共済に付加できる特約コース

基本コースの保障をさらに充実させたいときに付加できる特約は以下のとおりです。ただし、「こども型」に付加できる特約はありません。

「総合保障型」「入院保障型」「総合保障型+入院保障型」に付加できる特約

掛金 保障の概要
医療特約 1,000円 先進医療、入院一時金など5つの安心(保障)をプラス
新がん特約 1,000円、2,000円 死亡原因の一番高いがんに対する保障
新三大疾病特約 1,200円、2,400円 三大疾病(がん・心筋こうそく・脳卒中)に対する保障
長期医療特約 500円、1,000円 重度障害、長期入院、手術に対する保障

「熟年型」「熟年入院型」「熟年型+熟年入院型」に付加できる特約

掛金 保障の概要
熟年医療特約 1,000円 先進医療、入院一時金など5つの安心(保障)をプラス
熟年新がん特約 1,000円、2,000円 死亡原因の一番高いがんに対する保障
熟年新三大疾病特約 1,200円、2,400円 三大疾病(がん・心筋こうそく・脳卒中)に対する保障

(注)
各特約の保障内容や保障に対する条件、制限についての詳しい情報は、以下の各特約のページを参照してください。
医療特約」「新がん特約」「新三大疾病特約」「長期医療特約」「熟年医療特約」「熟年新がん特約」「熟年新三大疾病特約

第四章 まとめ

全国共済には、結婚後に適した「総合保障型」や、子どもの保障に適した「こども型」、老後生活の保障に適した「熟年型」などがそろっています。基本コースの保障をさらに充実させるための特約も用意されています。いずれも手頃な掛金で始められ、家計の負担を軽減できるのでおすすめです。


全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?
こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。