国民皆保険制度は日本だけ?新型コロナウイルスで注目が高まる世界の医療保険事情

新型コロナ感染者数が爆発的に増加していますが、それでも世界各国と比較すると日本の感染者数は少なく、特に重症化率・死亡率が低いという特徴があります。日本で新型コロナウイルスの感染者が少ない理由は、国民全体の肥満率の低さ、健康水準の高さなどが指摘されていますが、はっきりとその要因が何であるかは分かっていません。京都大学の山中伸弥教授は、その要因を「ファクターX」と名付け、その解明が進められています。また、死亡率が低いのは重症化率を食い止め、重症になっても死亡に至らないまでの治療を可能にしている医療水準の高さと、それを支える日本の医療保険制度も大きく貢献しています。そこで、世界の主な先進国の医療保険制度を確認して、世界が注目する日本の国民皆保険制度の優れた点や特徴について紹介します。

第一章 世界の医療保険制度は?国民皆保険制度は日本だけ?

医療制度は国を発展させていくためには不可欠であることから、多くの国が社会保障政策の最重要課題の1つとして医療体制の整備・充実に取り組んでいます。しかし、医療をどのような制度とするかについては、それぞれの国の歴史・国民性、経済力、社会保障に対する考え方の相違などによって同じではありません。世界各国の医療保険制度は、大きく分けると「社会保険方式」「税を財源とする国営方式」「市場ニーズによる民間保険への自由加入方式」の3種類があります。なお、同じ方式であっても実際に提供される医療サービスは、同一ではなく国ごとに詳細が異なっています。

1.社会保険方式とは

社会保険方式とは、国民から保険料を徴収した財源をもとに医療が必要な人にサービスを提供する方法のことで、少ない保険料を国民が支払うことで高額な医療費が必要になったときのリスクに対しての備えができます。この方式を採用している国は、日本のほかドイツ、フランス、オランダなどです。国民が相互に支え合うことで成立するため、これらの国は日本と同じ国民皆保険制度を採用しています。

2.税を財源とする国営方式

税を財源とする国営方式とは、国民から徴収した税金を財源として国が医療サービスを提供する方式のことで、原則として国民は無料で医療サービスを受けられます。この方式を採用している国は、福祉に重きを置くイギリス、カナダ、スウェーデン、ニュージーランドなどです。

3.市場ニーズによる民間保険への自由加入方式

市場ニーズによる民間保険への自由加入方式とは、主にアメリカで行われている方式です。この方式では国が提供する公的な医療サービスの対象者を低所得者や障がい者など最小限の範囲にして、多くの国民は民間の医療保険に自由意志で加入することでリスクに備えなければなりません。この方式では保険に加入できない・しない無保険者が多くなり、保険に未加入であれば医療費が高くなることから、必要な医療を十分に受けられないという問題が起きています。アメリカの国勢調査結果 によると2018年における健康保険未加入者の人口に対する比率は8.5%です。

第二章 世界に誇れる日本の医療保険制度の特徴

日本に住み続けて医療サービスを受けていると、そのサービスの良さにあまり気づくことがありませんが、日本の医療保険制度そのもの、およびその運用は世界が認め、世界に誇れる制度です。日本の医療制度では、いつでも、誰もが原則として医療費の3割を負担することで必要なときに医療サービスを平等に受けられます。制度の内容と運用の素晴らしさは、2000年にはWHO(世界保健機関) が、「健康水準の到達度と均一性」「人権の尊重と医療利用者への配慮の到達度と均一性」「費用負担の公正さ」などを評価した保健医療システムの総合目標達成度において、当時のWHO加盟191カ国でナンバー1と評価していることで分かります。その後も、医療保険制度を背景に国民の健康水準は、医療技術の進歩、社会保障の充実、国民の生活水準の向上などもあって世界でも最高レベルの水準を維持しています。その主な特徴 は以下の4つです。

1.国民全員が加入しなければならない国民皆保険制度

日本では、すべての国民が公的医療保険に加入することを法律で義務付けられており、誰もが平等に医療を受けられる制度が国民皆保険制度です。厚生労働省は、その意義として「世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準の実現」と「国民の安全・安心な暮らしの保障」と述べています。

2.医療機関を自由に選べるフリーアクセス制

日本では保険証があれば、原則として受診者の意志で全国のどこの医療機関でも選べるフリーアクセス制が採用されています。なお、日本では常識のフリーアクセス制ですが、世界ではかかりつけ医者を通してからでないと専門医に診察してもらえないなど自由に医療機関を選べないのが一般的です。

3.安い医療費で高度な医療の提供

日本では、原則として医療費の3割を負担すれば、高度な医療であっても混合診療以外の保険診療対象であれば、誰もが同じ費用で負担の少ない安い医療費で医学的に認められた適正な医療水準による治療を受けられます。混合診療とは、公的保険を使った保険診療と保険外診療(自由診療)を併せて行うことです。混合診療が自由に行われると以下の2つの弊害が生じる 恐れがあり、原則として禁止されています。

  • 保険診療によって一定の自己負担額で必要な医療が受けられるにもかかわらず医療機関によっては保険外の医療費負担を患者に求めることが一般化し、医療費の負担額が不当に拡大する恐れがある。
  • 安全性、有効性などが確認されていない医療サービスも自由に提供できることから、医学的に根拠のない医療の実施を助長する恐れがあり、健康被害が起きる、および医療費も高額になる恐れがある。

4. 社会保険方式を基本としながらも公費(税金)の投入

国民皆保険制度の財源は主に保険料ですが、保険料のみにすると国民の負担が大きくなるため制度の維持が困難になること、および医療水準の維持・充実のために公費を投入して、国民皆保険制度の利便性の拡充を図っています。

第三章 日本の医療保険制度の仕組みは?

1.保険診療の仕組みと流れ

2.医療保険制度の概要

2-1 被保険者(保険加入者)の医療費自己負担割合

  • 義務教育就学後から69歳:3割負担
  • 75歳以上:1割負担(現役並み所得者は3割負担)
  • 70歳から74歳:2割負担(現役並み所得者は3割負担)
  • 義務教育就学前:2割負担(自治体によっては自己負担分の助成が受けられる)

2-2 保険料支払総額・医療費総額

  • 保険料総額:20.7兆円
  • 被保険者の医療機関窓口で支払額:4.9兆円
  • 医療費総額:42.4兆円

2-3 医療提供体制

2-3-1 医療機関数

  • 病院:8,442(病床数:約156.1万)
  • 診療所:10万3,451(病床数:約10.3万)
  • 歯科診療所:6万8,940
  • 薬局:5万8,678

*薬局を除く数字は2016年医療施設(動態)調査による。
*薬局は、2016年度衛生行政報告例による。

2-3-2 医療従事者数

  • 医師:31万9,480人
  • 歯科医師:10万4,533人
  • 薬剤師:30万1,323人
  • 看護師:121万665人
  • 保健師:6万2,118人
  • 助産師:3万9,613人

*医師・歯科医師・薬剤師は2016年 医師・歯科医師・薬剤師調査による。
*看護師・保健師・助産師は2016年厚生労働省医政局看護課集計による。

まとめ

日本の医療保険制度は世界に誇れる制度です。優れた医療を少ない医療費の負担で誰もが、いつでも、自由に医療機関を選んで受診できます。しかし、それでも重い病気になって治療が長引いたり、後遺障害が残ったり、最悪は死亡するリスクを避けることは不可能です。万が一の備えを万全にするには家計への負担が少なくて十分な保障を受けられる全国共済の生命共済に加入しておくことをおすすめします。

全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?
こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。