天気が悪いと体調も悪い……それって『天気病(気象病)』かも?特徴と対策

昔から天気と体調に関連した言い伝えがあります。「天気が悪くなると古傷が痛む」「神経痛や関節の痛みが強まると雨が降る」「季節の変わり目は体調が悪化する」などです。 株式会社ウェザーニューズが行った「雨と気圧と体調調査」の調査結果によると、日本人の6割が気圧低下で体調の変化を感じていると回答しています。

天気によって体調不良や持病が悪化することは『天気病(気象病)』と呼ばれ、潜在患者数は1,000万人以上と言われています。『天気病(気象病)』とはどのようなものか、その原因と対策・予防法について紹介します。

第一章 『天気病(気象病)』とは

『天気病(気象病)』とは、天気の変化(主に気温、気圧、湿度)によって体調に悪い影響が出て、さまざまな症状が表れる病気の総称のことです。寒暖差や気圧の変化が激しい季節の変わり目や梅雨・台風の時期などに起こりやすく、主な症状は以下です。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 首や肩のこり
  • ぜん息の発作
  • 関節や古傷の痛み
  • 手足のしびれ
  • 疲労感
  • 気持ちの落ち込み
  • 狭心症の悪化
  • 低血圧

など

病名としては、関節痛、リウマチ、熱中症、気管支ぜん息、頭痛、脳卒中、心臓病、結石症、感冒、うつ病などがあります。

第二章 『天気病(気象病)』の原因

『天気病(気象病)』の原因は、天気の変化によって「気圧」「気温」「湿度」などが変動し、自律神経が乱れることで起こると考えられています。この病気は年齢や性別に関係なく起こりますが、特に女性は月経周期でホルモンのバランスがやすく、これに気象の変化が加わると自律神経が乱れやすくなります。そのため、更年期でホルモンバランスが乱れやすい40代女性の8割が『天気病(気象病)』の症状を感じていると言われています。

日本には、四季があり、特に梅雨時や台風の季節などでは低気圧が発達し、台風や前線が通過。そのため天気(「気圧」「気温」「湿度」)の変化が非常に速く、また大きくなります。それらの変化に体の機能がついていかずストレスを感じ、自律神経が乱れ、免疫機能、内分泌機能が正常に働かなくなると体調が悪化しやすくなります。

「気圧」「気温」「湿度」の変動では、医療機関の調査で「気圧」の変化による影響が、特に大きいことが分かっています。2015年の1年間、診療科別に1日ごとの患者の来院数と天気の関係が調べられました。その結果を晴れ・雨・曇りでわけ、どの天気のときに来院患者数が増加するかを調べたところ、雨天日の来院患者数の多いことが判明。さらに詳しく分析したところ、「気圧」が来院患者数に影響を与え、気温と湿度については、この調査結果からは関連性が見られないことが分かりました。なお、東洋医学は、過剰な湿気による「湿邪(しつじゃ)」が体調不良を引き起こし、むくみ、めまい、けんたい感、吐き気などの症状を引き起こすとしています。湿度も通院までに至らなくても体調に影響を与える可能性があります。

気圧の変化で『天気病(気象病)』の症状が出やすいのは、耳で得られた情報を脳や神経に伝える「内耳」が気圧の変化に深く関係しているからと考えられています。内耳は、鼓膜の奥にあるカタツムリのような形をした器官で、気圧の変化を感知する能力があり、感知すると脳に伝わります。この能力には個人差があり、敏感すぎると脳に過剰に情報が伝わって、自律神経のバランスが崩れやすく、その結果、体調に悪影響を与えます。

第三章 『天気病(気象病)』の対策・予防法

『天気病(気象病)』の対策・予防法について紹介します。

1. 耳の周辺の血流をよくして内耳の機能を正常にする

耳のストレッチによる血流アップの方法は、耳の中間をつまみ、痛くない程度に横に引っ張り、そのままの状態で舌を思い切り出します。これを1日に30秒間・3回行います。あるいは、両耳をつまみ、上下、横、後ろに引っ張ったり、手のひらで耳全体を覆って後ろに向かって回したりします。また、耳の後ろに温かいタオルやペットボトルを当てて冷やさないようにします。

2.自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整える

早寝早起き、十分な睡眠、肩や首のストレッチなど適度な運動、栄養バランスの取れた食事、入浴など規則正しい生活を送ります。早寝早起きのためには朝日を浴びて体内時計をリセットするようにするとよいでしょう。入浴はリラックスできるので効果的です。また、ストレスを感じると自律神経のバランスが大きく崩れます。 ストレスをできるだけ避ける、発散させるなどしましょう。起床直後、コップ一杯の水を飲むと自律神経のバランスが整いやすいため、おすすめです。

偏った食生活や腸内環境の悪化も自律神経を乱します。栄養バランスに注意し、腸内環境をよくする乳製品や発酵食品を積極的に摂取することが必要です。また、食事の内容だけでなく、食事の時間にも気を配り、食事の時間を固定すると、体のリズムが整いやすくなって自律神経のバランス維持に役立ちます。朝食は、起床後一時間以内に食べるのがおすすめです。

入浴以外でも首を温めるだけで、首や肩周辺のコリがほぐれて、体の緊張が取れ、心身がリラックスし、自律神経のバランスがよくなります。また、首には太い血管があるため、温めることで全身の血行がよくなり、自律神経が整いやすくなります。ホットタオルや温熱シートを利用し、就寝の30分くらい前に温めると効果的です。

3. 天気の変化による体調変化を通知する無料のアプリを利用する

最近、天気の変化をリアルタイムで表示し、頭痛発生の可能性を通知したり、気圧の変動を予測したりするアプリが登場しています。それらを活用することで体調管理が可能です。アプリは「気圧変動 アプリ」などで検索すると見つかります。

4.『天気病(気象病)』の専門外来を受診する

症状が重いときは、『天気病(気象病)』の専門外来 での受診を検討しましょう。専門外来は、「気象病 外来」などで検索すると見つけられます。住んでいる近くで見つけたいときは、検索ワードに県名や市町村名などを加えます。

第四章 まとめ

『天気病(気象病)』は 生活習慣を改めるなどの予防策で症状を緩和できますが、悪化した場合やその他の病気やケガなどの万が一に備えて、手頃な掛け金で始められる全国共済への加入をおすすめします。


全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?
こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。