30代後半~40代前半の女性は要注意!その症状『プレ更年期』では?

女性の更年期は個人差がありますが、日本人の場合、平均的な閉経年齢50.5歳の前後5年をあわせた10年間(45歳から55歳頃)といわれています。しかし、それよりも若い30代後半~40代前半に『プレ更年期』が始まることがあります。『プレ更年期』では、更年期に類似した症状が表れたり、具体的な症状がなくても「これまでとは心身の調子が何か違う」と感じたりします。更年期を迎える前に更年期と同じような症状が出たり、心身に変化や違和感が表れたりすると、更年期に なったときには一体どうなるのだろうと不安を感じるかもしれません。そこで、『プレ更年期』とはどのような時期なのか、症状、更年期との違い、注意点などについて紹介します。

第一章 『プレ更年期』とは?起きる理由と体に生じる変化や症状

1.『プレ更年期』とは

閉経前の30代後半~40代前半にかけ、閉経に向けて女性ホルモンの分泌量が減少 していきます。その過程で心身に変化が生じたり、違和感を覚えたり、更年期に似た症状が出たりする時期のことを『プレ更年期』と呼ばれています。

2.『プレ更年期』が起きる理由

『プレ更年期』が起きるのは、卵巣機能の低下と女性ホルモンの減少が原因です。女性の体は、加齢によって 大きな変化が起こります。卵巣機能が低下し、女性ホルモンの一つである『エストロゲン』の分泌量が減少します。女性ホルモンの分泌量は20代の頃がピークです。 しかし、『プレ更年期』の段階でも大きな減少はまだありません。一方、卵巣機能は低下していきます。女性ホルモンの分泌は脳の視床下部からの指令で卵巣が行っていますが、卵巣機能が低下すると指令通りに分泌されません。すると視床下部に混乱が生じ、自律神経が乱れやすくなってしまうのです。

3.『プレ更年期』の体に生じる変化と表れる症状

周期や日数が短くなるなど、月経異常が起こり始めます。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)があり、女性の排卵、月経、妊娠、出産などに深く関与しています。その他にも2つのホルモンには以下のような働きがあります。

  • 女性らしい体をつくる
  • 自律神経の働きを安定させる
  • コラーゲンの産生をうながし、美しい肌をつくる
  • 血管、骨、粘膜、脳などを健康に維持する

上記のように女性ホルモンは女性らしさや体のさまざまな機能に影響しているため、その分泌量が減少すると人によっては心身に変化が生じます。体の機能面だけでなく、心の面にも影響するのは自律神経の働きに女性ホルモンが関わっているからです。

脳(視床下部)が女性ホルモンの分泌を指令しているにもかかわらず卵巣機能の低下で分泌されないと、脳が混乱し自律神経が不安定になって乱れます。その結果、以下の更年期に表れる症状やそれよりも程度の軽い症状が表れたり、今までと違う違和感や心身の不調を感じたりするようになります。なお、自律神経はストレスによっても不安定になり、『プレ更年期』の時期に夫婦間、仕事、子育て、親の介護などのストレスが加わると自律神経の不安定さが増幅されます。

更年期の症状例

  • ほてり、のぼせなどのホットフラッシュ、発汗、手足の冷え
  • めまい、立ちくらみ、耳鳴り
  • 頭痛、不眠、動悸(どうき)、息切れ、肩こり、腰痛、関節や筋肉痛
  • 集中力の低下、やる気が出ない、疲れやすい
  • イライラ、不安
  • 食欲不振、便秘、下痢
  • 皮膚や粘膜の乾燥、ドライマウスやドライアイ

第二章 『プレ更年期』のチェック方法

『プレ更年期』のチェックは更年期に表れる特有の症状やそれに近い症状が自分にいくつ該当するかで判断できます。なお、セルフチェックの項目数・内容に明確な規定・基準はありません。判断には症状の重さや頻度にも依存するほか、主な更年期の症状は、別の病気などが原因で起こることがあります。気になるときは自己判断せずに専門医を受診してください。

セルフチェックできるサイトに厚生労働省のような公的な機関はないため、「プレ更年期 セルフチェック」のキーワードを入力することで検索してください。製薬会社、病院などが独自の内容でセルフチェックできるページをアップしています。『プレ更年期』には下記のような月経不順やホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)が一般的によく起こります。そのため『プレ更年期』の時期に月経の周期と経血が以下に当てはまる場合、サイトでチェックすると加齢か別の原因かも識別できてよいでしょう。サイトには、いくつ以上該当すれば『プレ更年期』に当てはまる可能性が高いかについて記載されています。

(1)月経周期

  • 月経周期がこれまでよりも短くなってきた
  • 月経周期が乱れるようになってきた

(2)経血

  • 経血にペースト状の血の塊が混じることが多くなった
  • 経血量が少なくなった

第三章 『プレ更年期』の心構えと更年期を乗り切るための知識

1.『プレ更年期』心構え

『プレ更年期』や更年期は 誰もが通過するため、いたずらに不安に思わないことが大切です。『プレ更年期』や更年期に表れる症状は、健康に問題があるのではないので加齢が原因で生じる心身の正常な反応と前向きに考えましょう。多くの人が不快な症状は避けたい、快調な心身の状態に戻したいと 思うものです。しかし、 それよりも、正常な心身の反応に順応するにはどうすればよいかと 『プレ更年期』に対して気持ちを楽に持ちましょう。

2.更年期に向けて知っておきたいこと

前向きに考えて実行するためには、『プレ更年期』や更年期に心身が不調になる原因を知ってその対策を知ることが必要です。『プレ更年期』の頃から卵巣機能の低下や女性ホルモンの分泌量が徐々に低下していきます。そして、自律神経が乱れやすくなり、心身にさまざまな不調が起こります。

そのため心身の不調に順応し、改善するには自律神経を整えるための方法を知って、その取り組みを習慣にしましょう。自律神経は、「ホルモンバランスの乱れ」のほか、「精神的・身体的なストレス」「不規則な生活習慣」「病気」などが原因で起こります。自律神経の乱れが「加齢」や「病気」によって起きていると、改善は困難です。しかし、「精神的・身体的なストレス」と「不規則な生活習慣」で起きているときは、自分の力で改善することがある程度可能です。この2つを改善することで、「ホルモンバランスの乱れ」や「病気」で自律神経が乱れても、その乱れを軽減できます。

心身の不調を感じてからストレスの発散や生活習慣を改善するのではなく、今からでも以下のことを習慣にして毎日を過ごしましょう。『プレ更年期』や更年期に起きる心身の不調 の予防や軽減につながります。

  • 運動、映画、音楽、読書など好きな趣味を楽しむ
  • 太陽光を浴びたり、入浴したりして心身をリラックスさせる
  • 食事、睡眠など規則正しい生活を送る
  • 栄養バランスの取れた食事と質の高い睡眠を取れるようにする

第四章 『プレ更年期』の症状は他の病気との区別も必要

『プレ更年期』や更年期に表れる症状は、別の病気に表れる症状と似ています。その病気はバセドウ病と橋本病です。どちらも甲状腺ホルモンの分泌が乱れることで起こる病気です。なお、どちらも女性に多い病気で、20代〜50代の幅広い年齢層にみられます。そのため、病院で症状を訴えても年齢がプレ更年期や更年期だと、初診では更年期障害と簡単に診断されることがあります。症状が重くて改善しないとき、あるいは辛いときはホルモン検査をお願いしましょう。ホルモン検査でバセドウ病または橋本病であることが分かると薬物療法で症状を改善できます。

第五章 まとめ

『プレ更年期』の時期は、その後に続く人生を健康に過ごすための心身の転換期と考え、生活習慣や万が一の病気やケガに対する備えが万全か見直す大切な時期にできます。そうすることで残りの長い人生を健康にまた安心して過ごせるようになるでしょう。病気やケガの備えには月額1,000円の手頃な掛金から始められる全国共済がおすすめです。


全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?
こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。